2021.12.26

CARS

僕らは貴重なクルマの「一時預り人」 38台のクルマを乗り継いできたロータス・エランとポルシェ911のオーナーがたどり着いた「想いを受け継ぐ」気持ちとは

オースティン・セブンを4台も乗り継ぐなど戦前車にも造詣が深い村山さん。様々なクルマを乗り継いできた経験から趣味の古いクルマには2つの楽しみ方があるという。それがどんな楽しみ方なのか、ガレージにお邪魔して話を伺った。

免許を取って最初に買ったのは日産サニー・エクセレント

湘南ヒストリックカークラブ(SHCC)の副会長を務める村山東さんと知り合ったのは、もう20年以上前のこと。個人的にはその時から“英国車の人”であり、“戦前車の人”というイメージを持っていた。

4年前に新築したご自宅の母屋ガレージに911とともに収まるシトロエン・ベルランゴ。離れのガレージにはイベントの思い出やミニ・バイクのコレクションがぎっしり。

確か少し前まで初代ロータス・エランとホンダS600とオリジナル・ボディを載せたオースティン・セブンというラインナップだった記憶があったのだが、現在ガレージに収まるのは1965年型のロータス・エランS2と、1973年型のポルシェ911E、普段乗りに使っている2019年型のシトロエン・ベルランゴという組み合わせだ。

「この前までMG・J2ミジェットを持っていたんだけど、知人にずっと欲しいと言われていて、ついに譲ったんですよ。その話が決まってから1929年式のMG・Cタイプを手に入れて、今仕上げているところです」

戦前車から降りてしまったわけじゃないんだ、と安心したところで、村山さんのクルマ遍歴から話を伺った。



「18歳で免許を取って最初に買ったのは、中古の210型の3代目日産サニー・エクセレント1400GX。それで大学に通っていたのですが、当時は雑誌『ポパイ』の全盛期でね。確か“彼女は左側の顔も見たいと言った”なんてキャッチの外車の特集があったんですよ。それでVWビートル欲しくなった。そうしたら高校の先輩の親父が、1971年の1302Sを乗らないからって50万円で売ってくれた。そこからですよ、古いクルマに行くのは」

その後、初代ゴルフやマルニなどのドイツ車を乗り継いだ村山さんは、SCCJ(日本スポーツカークラブ)の走行会に参加するようになる。そして27歳のとき、仲間たちとSHCCを立ち上げるのと同時期に1台のクルマに出会った。

「1966年のモーガン、1500ccのフォード105Eを積んだモデルでした。周りにフォード乗りが多かったので、パーツも心配ないだろうと買ったんです」



無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP

RELATED