2022.06.19

CARS

盛り上がること間違いなし!! RX-7、シトロエンBX、ジャガーXJ6にポルシェ911とベンツC200のオーナーが集まって「ちょっと古いクルマを楽しもう座談会」【前篇】

RX-7、シトロエンBX、ジャガーXJ6にポルシェ911とベンツC200

全ての画像を見る
ちょっと古いクルマとの日常を楽しんでいるジャーナリスト、渡辺敏史、島下泰久、藤原よしおの3名と、エンジン編集部のムラカミ、アライの2名がそれぞれのちょっと古いクルマを持ち込んでの座談会。それぞれのちょっと古いクルマ事情と楽しみ方を語った。

これは一生モノのRX-7だ!

村上 1年ぶりの『ちょっと古いクルマ探検隊』。実は前回、皆さんからのすごい反響がありまして、エンジンの定番企画に昇格しました。

一同 おおーっ!

村上 ということで2022年版の今回は、前回と同じメンバーが所有するもう1台の“ちょっと古いクルマ”に乗って集まりました。しかし晴れて良かったよね。だって渡辺さんのRX-7は雨の日は絶対乗らないんでしょう?

渡辺敏史 2001年型マツダRX-7タイプRバサースト 購入動機はマツダの販促キャンペーンに当選したから。実質の多額値引きということで、最初はイジる前提で最安グレードのRBを00年に購入。しかしあぶく銭は身につかないもので、翌年大型トラックに側突攻撃を受け全損。予想通り大難航の交渉の末、補償はされたものの、結局は正価で購入したのと変わらない支払いになってしまったのが現在の01年型タイプRバサーストというオチです。

渡辺 すいません面倒なクルマで。

荒井 もし出先で降られたら?

渡辺 もう絶対降らない確信がある時にしか乗らないです。

藤原 すごい(笑)。ところでこれは何年式でしたっけ?

渡辺 01年式のRX-7タイプRバサースト。新車から乗ってるんですが、その前にRBってグレードに1年乗ってたんです。でもトラックに突っ込まれて全損になっちゃった。それで買い直したのがこれです。ちなみにRBはリア・ウイングがないんですが、ゲートが生きていたのでそれだけ今のに移植しました。

島下 じゃあ、ゲートだけは濡れても大丈夫ですね?

渡辺 まぁね(苦笑)。

藤原 そもそもなぜRX-7を?

渡辺 たまたまマツダの購入キャンペーンに当たっちゃったから。日曜の夜に突然電話がきて「渡辺様、おめでとうございます!」って。

村上 凄い話だね! そこから21年間乗り続けているの?

渡辺 長年イラストレーターのBow(池田和弘)さんと仕事していて、トライアンフTR3Aを長く持ち続ける格好良さ、ライフスタイルを横目でチラチラと見続けてきたから、自分もそうしてみたいという憧れも、ちょっとありましたね。

藤原 FD系はもはやヘリテージになりつつありますもんね。

渡辺 まだR32GT-Rほどにはいってないけどね。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED