2021.12.31

CARS

愛すべきグレート・レーサー! 70歳を越えてなお大好きな旧車で各地のラリーを走り続けるクルマ好きの熱血カーライフ!! 

若かりし頃に衝撃を受けたポルシェと幼い頃から夢見た美しいフェラーリを手に入れた安井滋一さんが次に飛び込んだのは、クラシック・カーの世界だった。ENGINE WEB、2021年の最後を締めくくるのは、70歳を越えてなお大好きな旧車で各地のラリーを走り続ける「グレート・レーサー」のストーリー。イベントで親交を深めた自動車ライターの西川淳がリポートする。

勉強はそっちのけ

「早う勉強してきなさい! あんたも医者になるんやから」。小学生のころから勉強ばかりさせられていた少年は、その反動でいつしかクルマ好きになっていた。集中できるように入院患者用の個室を勉強部屋代わりに使わされていたが、勉強そっちのけで夜な夜な美しい欧州車のフェンダー・ラインを描いてはクルマを運転することばかり夢見ていたのだった。1950年代後半、クルマなど村にまだ1、2台しかなかった頃。内科の診療医だった少年の父上は58年型トヨペット・コロナを転がして往診していた。アレを動かしてみたい。乗ったろ! 少年はとある夜に決行した。マニュアル・シフトの3速を見よう見真似で操作し動かす。クルマ好きならば誰もが経験する冒険だ。少年の名は、安井滋一。

最近、ハーレーのトライクも手に入れた。娘が大型バイクの免許を取ったのを見て悔しくなった安井さん。普通免許でドライブできる大型バイクのトライクを買って対抗というわけだ。奥様とタンデムで乗る撮影時の安井さんが最もいい笑顔だった。あまり乗っていないらしいけれど。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録