2021.07.03

CARS

ジャガーXJ6とXJS V12コンバーチブルのジャガー2台持ちになったエンジン編集部員 2匹の猫を飼います!

2019年10月に新車と見紛うばかりのジャガーXJ6を買った本誌アライがまたジャガーを買いました。
セダンとオープン、カタチは全然違うけれど似ている2台です。


ジャガーには縁がある

5.3リッターV12はとても滑らかで無粋な振動をまったく感じない。少し右足に力を込めるだけで、トルクが湧き出てスーッと加速する。街中を流しているぐらいでは、回転計は2000rpmを超えない。ソフトで浮遊感さえある乗り心地のせいか、大海原を船で進むような印象を持った。ただし、荒れた路面を通過するとあちこちからガタッ、キュッと音が出てボディのユルさを実感する。


1992年式ジャガーXJS V12コンバーチブル(以下XJSコンバーチブル)を横浜の中古車屋から引き取り、走り出したときの第一印象だ。2020年11月28日、XJSコンバーチブルを手に入れたことによって、私はちょっと古いジャガーの2台持ちになったのである。


もう1台のジャガーは2019年10月に購入した1987年式のXJ6シリーズIIIだ。まさか自分がこの2年の間にジャガー2台持ちになるとは想像していなかったけれど、こうして2台が並んだ姿を見ると、ジャガーには縁があるのかもしれないと思った。


初めてのガイシャ

遡ること40年前、ガソリン・スタンドでアルバイトしていた学生時代、初めて乗ったガイシャがジャガーXJ6のシリーズIIだった。


それは懇意にしていたお客さんのクルマで、スタンドに愛車を預けることも多く、頼まれてもいないのにせっせと洗車をした。


外装はシルバー、内装はバーガンディのレザーで、当時の国産車にはない貴族感あふれるインテリアに心酔した。


ジャガーXJ6のオーナーは学生の私を助手席に乗せて、食事にも連れて行ってくれた。「アルバイトが終わったら、きしめん食べに行こう」と言うので、XJ6に乗り込むと、なんと東名に入り名古屋まで行った。そんな型破りなところがある人だったので、私に愛車の運転を許した。


初めてXJ6で首都高速を走ったときのことはいまでも覚えている。速度を上げると頼りなくなる父のトヨタ・コロナとは違い、ますます路面に吸い付くようになっていく。そのしなやかでスポーティな乗り味に“ガイシャって凄いですね!”とオーナーに報告すると、「ジャガーが凄いんだからね」と笑われた。


ウッド・パネルとマグノリア・レザーの組み合わせが美しいXJ6の室内。シリーズIIIはピニンファリーナの手により後席の居住性が改善されている。XJ6シリーズIIIの4.2リッター直6モデルは累計9万7349台が生産された。

ジャガーの思い出はもうひとつある。中学、高校、大学とずっと一緒だった同級生の西田純朗君だ。大学を卒業してからはずっと疎遠だったけれど、私が自動車雑誌の編集部で働いているのを知った西田君が連絡をしてきた。西田君も根っからの自動車好きで、とりわけジャガーは4台も所有するほど愛していた。「アライもジャガーにしなよ」


これが私と会うたびの口癖で、特に「XJ6シリーズIIIの最終型を見つけたら絶対買え!


壊れないから大丈夫!」と言っていた。


残念ながら西田君は2011年に他界してしまったけれど、シリーズIIIの最終型を個人売買で見つけたときは、あのときの言葉が蘇った。最近、いまXJ6のメインテナンスをお願いしているメカニックは、西田君の会社にいたことがあると知った。西田君がつないだのかもしれない。


4.2リッター直6DOHC(178ps、297Nm)+3AT。車両重量=1770kg。12気筒のXJSコンバーチブルより、鼻先が軽くスポーティな印象。ステアリングは思いのほかクイックだ。現在の走行距離は8万3000km。

XJ6は手元に来てからオルタネーター、エアコンのコンプレッサー、プーリーを交換している。個人的にはメインテナンスの範疇だと思っている。ジャガーだからというわけではなく、33年も前のクルマなのだから何かあって当然だ。本誌長期リポート車であるメルセデス・ベンツ300TE(1992)で、多くのトラブルを経験した。そして、大抵のことはどうにかなった。これがちょっと古いクルマを購入することへの抵抗を小さくしたようだ。


景色が違って見える

XJSコンバーチブルの購入を決めたのは程度がいいものと巡り合えたというのが一番だけれど、12気筒エンジンに乗っておきたかったというのもある。自分の年齢と環境問題を考えると、ラストチャンスだ。


先日、2台持ちオーナーを取材するため、湯河原までXJSコンバーチブルで訪ねた。東名高速で追い越しをするときも3000rpmも回せば十分だ。ATは3段で、どこまでもシューッと引っ張っていく感じがいい。5.3リッターV 12 は最高出力280ps/5500rpm、最大トルク415Nm/2800rpmを発生する。車重は1840kg。ゆったりとしたクルージングが似合う。


国道134号線の海岸通りではトップを下ろした。風の巻き込みは速度に比例して激しくなる。でも、そんなことはどうでもいいほど気持ちがいい。クルマによってこうも気分が違い、見える景色が違うものかと思う。見慣れた海岸通りも外国に思えてくる。


XJ6に比べるとインパネはモダン化された。運転席エアバッグ、シート・ヒーター、ドライブ・コンピューターなども備える。その分、アリストクラシー(貴族的な気分)に浸りきれないのはちょっと寂しい。トップは2カ所のロックを手動で外した後は電動で開く。長いボンネットに収まるバンク角60度の5.3リッターV12。トランスミッションは3段AT。3速でシューッと引っ張っていく感じが気持ちいい。現在の走行距離は6万9000km。

似ている2台

1975年にデビューしたXJSはXJサルーンのホイールベースを短くしたクーペとして登場した。そのせいか、12気筒と6気筒の差はあるけれど総じて乗り味は似ている。まず、両車ともに着座位置が低い。長期リポート車のメルセデス・ベンツ300TEから乗り換えたりすると、地面に一番近いところに腰を下ろすような感じがしてビックリする。


メルセデス・ベンツ300TEのどっしりとした安定感は魅力だけれど、味気がないとも言える。一方、ジャガーの2台はずっと繊細だ。その繊細な感じがドライビングの旨味になっている。たとえば、首都高速のカーブを駆け抜けていく感じは、メルセデス・ベンツ300TEよりスポーティだ。地面に張り付くように低く、キレのいい旋回をする。スポーティと言っても、筋肉モリモリのタフネスさはなくて、あくまでも上品でしなやかというのが2台に共通する。


XJSコンバーチブルの標準オーディオはカセット・デッキだった。友人からカセット音源をプレゼントしてもらった。予想していたよりは音響は良好だった。
XJ6を買ったときに、あんまり嬉しくてミニカーやカタログをインターネットで買った。ちなみに、XJ6は当時のオースチン・ローバー・ジャパン、XJSコンバーチブルは当時のジャガー・ジャパンの正規モノである。

佇まいが素晴らしいというのも共通点だ。XJ6は本当に美しいサルーンだと思うし、XJSコンバーチブルの低さ、ボディの薄さ、鼻の長さはEタイプの後継だけあって、とても個性的だ。出たときは酷評されたスタイリングだが、いま見るとカッコイイ。


ジャガーの創始者、ウィリアム・ライオンズは「人々はまずスタイルで判断する」と、スタイリングにこだわった。その信念や哲学は33年経っても色あせないのだと、XJ6を見るとつくづく思う。


ちょっと古いジャガーの2台持ちは、維持が大変かもしれない。でも、2匹の大きな猫を飼ったと思えばいい。ペットが病気だったらおカネを惜しむ人はいないだろう。


せっかくジャガー2台持ちになったのだから、自分も少しはジェントルマンらしく振舞いたい。生前懇意だったミュージシャン、加藤和彦さんは英国趣味の人だった。いまの私を見てなんて言っただろうか?


西田純朗君と加藤和彦さんが生きていたら「ジャガー買いましたよ!」と、真っ先に報告しただろう。伝えたい人には間に合わなかったけれど、2人の分もジャガーを楽しもうと思っている。


文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 写真=茂呂幸正


(ENGINE2021年2・3月合併号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED