2021.07.04

LIFESTYLE

森のなかの小屋と小さなパンダ 小さな家の大きな世界【ENGINE・ハウス】

建築家の鹿嶌信哉さんと佐藤文さんが森に建てた「小屋」は、1LDKのマンション程度の、たったの37平方メートルしかない小さな家だが、そこには小さいゆえの楽しさがあった。

別荘ではなく、小屋

建築事務所K+Sアーキテクツを主宰する、鹿嶌信哉さんと佐藤文さんのカップルが軽井沢の外れの森に建てた小屋。取材に際して、「別荘でなくて、小屋ですから」と念押しをされた。調べてみると、室内の床面積は37平方メートルしかない。1LDKのマンションほどの広さだ。なるほど、それなら「別荘」でなく「小屋」に違いないと思ったが……訪れてみて少々予想を裏切られた。想像よりも随分と立派なのだ。それは隣に並んだ18年落ちの小さなフィアット・パンダ(2003年製)のせいでもある。新築の建物はどうしても豪華に見えてしまう。もっともこの小屋は、高さ7mと普通の家の2階分。屋内も高いところで4mを超え、広々としている。マンションの37平方メートルとは大違いだ。建築家が自分たちのために自由に設計すると、相当に魅力的な建物になると感心しつつも、どうして二人は小屋と呼ぶのか。その点に興味が湧いた。

勝手な話だが、フィアット・パンダが建物になったら理想の小屋になると筆者は考えている。パンダは小さく質素で不便な部分もあるが、それでも十分実用的。しかも高級車にはない楽しさがある。多くのクルマ好きは、そのことを理解してくれることと思う。同じように小屋には、大きく豪華な別荘にはない魅力がある。あのル・コルビュジエも、晩年は12平方メートルにも満たない小屋を海辺に建てて暮らした。都会の生活を忘れ、景色の良い場所に自由に小屋を建て、のんびり過ごすのは最高だろう。そう考える人は増えており、近年小屋の人気は高いようだ。

パンダが置かれた円形に木材が埋められたスペースは、木々が茂っても太陽がさすこの土地の中心的な場所。建物は凝った造形で、見えない下面も仕上げる拘りよう。

鹿嶌さんと佐藤さんが座っているのが、半屋外のテラス。天井高は4m超え。天気の良い季節は、ここで食事をすることも。建物が切り取る風景が印象的だ。このテラスは玄関の役目も。

さて、鹿嶌さんたちの森の小屋が建ったのは、昨年2月のこと。コロナ騒動の前だ。今では二拠点生活への関心が高く、軽井沢はちょっとしたブームになっている。だがこの小屋は、そんな事が起こる前から計画されていた。

因みに鹿嶌さんは、これまで小誌に何度も登場している、パンダとマセラティ・クアトロポルテ(2001年型)の2台持ち。クアトロポルテは、病院などの堅いクライアントとの打ち合わせには良いが、現場に行くには支障がある時も。そこで足グルマとしてやってきたのが、今乗っているパンダだ。仕事以外に、道具を積んでキャンプに出掛ける際にも活躍していた。

高いところで4mを超える広間の天井。南と東に大きな窓が配されており、ここからの景色が床面積以上に広さを感じさせる。窓は大きいが、念入りに施された断熱処理のお陰で冬は暖かく、夏も涼しい。室内には必要最低限のモノしか置かれていないが、テント生活と比べるとプチ贅沢感が。カーテンも、必要に応じて付けられる。テラスと広間を隔てるガラスの引き戸は、戸袋の中に全て隠せる配慮も。イタリアングレイハウンドの名前は、シャマルとカリフ。鹿嶌さんのマセラティ愛が窺える。



キャンプの延長

「パンダは小さなクルマですが後ろのシートを外せるので、キャンプ道具一式と二匹の犬を乗せる余裕があるんです」と、鹿嶌さんが話せば、佐藤さんも「初めてキャンプ場に行った時も小さなパンダだったので、段取りの良いキャンプの達人と間違えられました。周りを見ると、皆さん本格的な道具を沢山積んで、大きなSUVで来ているんです」と、パンダとキャンプのエピソードは尽きない。

ところが二人は、何度もキャンプを体験しているうちに大きな問題につきあたる。週末の2日間だけだと、テントを張ったり片付けたりすることに多くの時間がとられてしまい、ゆっくり過ごす時間が限られるのだ。こうしたことから次第にキャンプから遠ざかっていったが、素敵な代替案を思いつく。自然溢れる場所に、自分たちの小屋を持てばよいのだと。それならキャンプより手間がかからず、別荘ほど贅沢でもない。

天井高140cmのロフトは、この小屋で唯一籠れるスペース。

幸い、相応しい約1000平方メートルの土地が軽井沢の奥に見つかった。隣家との距離もあり、北側の広大な森は鳥獣保護区に指定された国有地。将来建物が建つ可能性はない。敷地の前の道は舗装されておらず、クアトロポルテだと底を擦ってしまうほどの凸凹道だが、交通量は限られている。水道を引く必要があるのは負担だが、電気が通じているうえ、2、300mしか離れていない綺麗に区画整備された別荘地と比べ、随分と手頃な価格も魅力だ。小屋に相応しい土地である。

早速この土地を手に入れ、佐藤さんが中心に設計を行った。その際役に立ったのが、キャンプでの経験だ。テントは地形などを考慮して張る必要がある。下手をすると、雨水の通り道に建ててしまう。整備された土地ではなく森に建てるのだ。そうした面まで考えないといけない。

バスタブは檜。人工素材だと小屋感は出なかっただろう。

ところでこの小屋は、これまでの二人の建築スタイルと少し異なるものである。聞けば、「クライアント仕事ではできない建築に挑戦してみた」と言う。なるほど、設計者の創造性が発揮された建物なのだ。間取りは自宅と同じような、大人二人と二匹の犬が暮らしやすい大きなワンルーム。土地の高低に合わせ、半屋外のテラス、広間、ベッドルームと床の高さを変えており、屋根もそれに合わせて3方向に流れている。ポイントは、広間の南と東に設けられた窓。通りから内部が見えないよう下端の高さを工夫しつつ、天井まで続く大きなものだ。お陰で季節の変化を存分に感じられる建物となった。

北側の窓は、背後の森の景色を切り取るように設けられている。

コンロはキャンプ用

一見素敵な別荘のようだが、仕上げや暮らし方はここが小屋だと強く感じる。例えば、床や壁に貼られた木材は、ネットで探した相当に手頃なもの。広間の設備も最小限で、小さなキッチンと作り付けのベンチ、薪ストーブがあるだけ。コンロはキャンプで使っていたカートリッジ式のものを引き続き使用している。理由は、「キャンプの延長だからこれで十分なんです。東京で暮らしている時ほど、凝った料理はしませんから」。なるほど、である。

テント代わりの小屋だ。テレビが無いのは勿論、来客用の部屋も無いが、宿泊客のケアーも不要である。普段は二人してテラスで本を読んだり、犬を連れて付近を散歩し、時にはパン屋や雑貨屋を覗いたりと、ゆっくりした時間を楽しんでいる。ここで仕事をするなんてもっての他だ。

二人は隔週でこの小屋に通っている。キャンプの時と違って、パンダに載せる荷物はミニマム。金曜の仕事を終えたら、高速道路をのんびり走っていく。この小さく古いクルマを見つけ、サービスエリアでニコニコしながら声を掛けてくる人もいるとか。そんな鹿嶌さんと佐藤さんのシンプルな小屋の暮らしは、なんて豊かなんだと思った。

構造:木造 規模:1階+ロフト 敷地面積:992.31平方メートル 延床面積:51.54平方メートル うち室内面積:36.63平方メートル 竣工年:2020年 所在地:長野県北佐久郡 設計:K+S アーキテクツ https://ksarchitects.jp
構造:木造 規模:1階+ロフト 敷地面積:992.31㎡ 延床面積:51.54㎡ うち室内面積:36.63㎡  竣工年:2020年 所在地:長野県北佐久郡 設計:K+S アーキテクツ https://ksarchitects.jp

■建築家:佐藤文 1961年群馬県生まれ。日本大学卒業後、早川邦彦、芦原義信の事務所を経て、公私ともにパートナーである鹿嶌信哉(1959年愛知県生まれ。京都工芸繊維大学卒業後、芦原事務所に勤務)と共同で建築事務所を設立。住宅、別荘だけでなく、病院、児童養護施設なども数多く手掛ける。二人のライフスタイルから犬、イタリア車好きのクライアントも多い。

文=ジョースズキ 写真=山下亮一

(ENGINE2021年6月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED

PICK UP