2021.08.13

CARS

流行りのSUVクーペがアウディQ5に加わった

アウディの中型SUVであるQ5にクーペ・スタイルの「スポーツバック」が追加された。SUV系にスポーツバックが設定されるのはe-トロンとQ3に続く3車種目となる。

低く流麗なルーフライン

エクステリアは、ボディ後半に向けなだらかに下がっていく低いルーフラインを持つクーペ風のフォルムに加え、スポーツバック専用のグリルや前後バンパーを装着。ルーフレールを備えないのも「Q5」との相違点だ。ボディサイズは「Q5」に対し、全高が5mm低くなっているが、アウディの説明では、後席の居住空間はほとんど減少していないという。全長は15mm長くなっている。荷室容量は510〜1480リッターで、「Q5」比で10〜40リッターのマイナスだ。

導入モデルは40TDIクワトロとSQ5。40TDIはアドバンストとSラインの2グレードで、グリルが前者は格子状、後者とSQ5はハニカムメッシュとなる。







高出力版のSQ5は354pを発生

40TDIのパワートレインは、2.0リッター直4ディーゼル・ターボと12Vリチウムイオン・バッテリーを電源に用いたベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)を組み合わせたマイルド・ハイブリッド。エンジンを完全停止してのコースティングを可能にするが、モーターによる動力への加勢は行われない。出力は204ps/400Nmで、デュアルクラッチ式7段自動MTを介して4輪を駆動する。4WDシステムは電子制御の油圧多板クラッチ式で、4輪駆動が不要な際には後輪の駆動系を切り離せるアクティブ・オンデマンド式だ。

高性能モデルのSQ5スポーツバックには、354ps/500Nmの3.0リッターV6ガソリン・ターボと8段ATを搭載。4WDシステムは機械式センターデフを用いて常に4輪を駆動するフルタイム式となる。

価格はQ5スポーツバック40TDIクワトロ・アドバンストが729万円、40TDIクワトロSラインが787万円、SQ5スポーツバックが967万円。







また、導入記念モデルとして「1stエディション」を設定。40TDIクワトロSラインをベースに、20インチ・ホイールや可変式ダンパーを備えたアダプティブ・サスペンション、後続車への接近警告機能を持つマトリクスOLEDリア・ライトなどを追加。ブルー系が130台、ホワイト系が100台の限定販売で、価格は837万円となっている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP

RELATED