2022.01.28

CARS

世界限定750台 911タルガ4GTSにポルシェデザイン50周年記念モデルが登場

ポルシェが911の特別仕様車「エディション50Yポルシェデザイン」の受注を開始した。このモデルは、ポルシェ社の創業者フェルディナンド・ポルシェの孫でデザイナーのフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェが1972年に興したポルシェデザインの50周年を記念する特別仕様車だ。

「クロノグラフ1」にちなんだブラック仕上げ

ベースとなるのは911タルガ4GTS。エクステリアは、これは1972年にフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェがデザインした腕時計、「クロノグラフ1」にちなんだ黒基調のボディ・カラーを採用。ボディ・サイドにはポルシェデザインのロゴが記されたプラチナサテン仕上げのストライプが入る。



タルガバーは初代911タルガをイメージ

Bピラーからルーフへ続くタルガバーはプラチナ色にレーザー加工が施されるが、これは初代911タルガに用いられたブラッシュ加工ステンレスをイメージしたものだ。リアのグリルにはF.A.ポルシェのサインがあしらわれたポルシェデザイン50周年記念バッジが設置される。



専用デザインのアナログ時計を装着

革を多用したインテリアは外装同様に黒基調で仕上げられている。シートはセンター部にチェック柄を採用。また、ヘッドレストに記念のロゴ、センターアームレストにはエンボス加工したフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェのサインが入っている。スポーツクロノ・パッケージは標準装備で、ダッシュボードのアナログ時計は赤い秒針をあしらったポルシェデザイン仕様。ダッシュボードにはシリアル・ナンバー入りのエンブレムが取り付けられている。

480ps/570Nmを発生する3.0リッター水平対向6気筒ツインターボやデュアルクラッチ式8段MTのPDKなど、走りに関する部分はベースの911タルガ4GTSと同じだ。

販売台数は全世界限定750台。日本仕様はハンドル位置を左右とも設定している。価格は2505万円。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED