2022.05.13

LIFESTYLE

開館20周年を迎える箱根のポーラ美術館 パワーアップした新コレクションの楽しみ方

9月に開館20周年を迎えるポーラ美術館

全ての画像を見る
今年9月に開館20周年を迎えるポーラ美術館。その記念すべき展覧会では、美術史の流れを追う約120点もの作品が展示されている。

様々なジャンルの美術館が点在する箱根

神奈川県で生まれ育ったためか、箱根には子供のころからよく通っていた。大涌谷で卵を食べ、芦ノ湖で遊覧船に乗り、土産店にあった箱根寄木細工のからくり箱で遊び続けて店の人に迷惑がられる、それが箱根で過ごす典型的な一日。

しかし、ここ数年、かなりの頻度で箱根に通っているにもかかわらず、大涌谷にも、芦ノ湖にも、土産店にも行かなくなってしまった。というのは、箱根に行く目的が「美術館」になったから。

箱根は、陶器やガラス、浮世絵、野外彫刻などさまざまなジャンルの美術館があり、全部を一日では回りきれない。大抵の人は温泉宿に泊まった「ついで」として、美術館に立ち寄るようだけれど、自分は逆。へとへとになるまで美術館のなかをあるき回り、そこで発生した疲れを温泉でゆっくりと癒やす。今年はまだ4月なのに、すでに2回も箱根に行き、美術館とへとへとと温泉のコンボを決めている。頑張れば日帰り可能なのがありがたい。



無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED