2022.09.20

CARS

バラバラのまま5年も放置されていた貴重なアルピーヌV6ターボのカップカー 自らの手で修理、復活させようと奮闘するオーナーの情熱が凄い!

アルピーヌV6ターボ・ヨーロッパ・カップとアルピーヌV6ターボ、どちらも1988年のクルマだ。

全ての画像を見る
ロードカーのアルピーヌV6ターボを所有しつつ、貴重なヨーロッパ・カップ仕様を復活させようと奮闘する野澤正夫さん。若い頃からミニやセブン、911などを乗り継ぎ、近年はマーチF3でサーキット走行を楽しむようになった野澤さんがこの1年取り組んでいるのは、2台のアルピーヌのセルフレストア。自身もフォーミュラカーを所有する藤原よしおがリポートする。

アルピーヌV6ターボに夢中!


大学1年生の時に初めて買ったクルマはトヨタ・カローラ・クーペSL。その後すぐに新車のホンダZ・GSSに乗り換えると、大学3年生の時にどうしても乗ってみたかったミニ850を中古で購入。以降ミニ・クーパー、MG1300、ロータス・エラン、ロータス・セブン、ルノー5ターボII、ポルシェ911S2.2、ポルシェ911SCカブリオレ、フェラーリ・モンディアル、ポルシェ911カレラ3.2……と、野澤正夫さんが乗り継いできた愛車は、実に多岐にわたる。

F1の前座などで行われていたワンメイク・レース、ヨーロッパ・カップに85年からルノー・サンク・ターボIに代わり導入されたアルピーヌV6ターボ。


「最初のミニの頃から、メンテナンスは自分でやってきました。サーキットを走ったり、レースに出たりしたのもその頃からですね」

そうしたクルマへの情熱はさらにエスカレートし、10年以上前からはダラーラF300やマーチ713といったフォーミュラカーをドライブ。ついには自らFs-Cupというクラブを設立し、筑波サーキットなどを舞台にしたレースの主宰まで務めるようになった。

そんな野澤さんが、この1年夢中になっているのが、今回の主役である2台のアルピーヌV6ターボだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED