2022.07.01

CARS

堅実なフォルクスワーゲンが堅実な改良を実施 新型ポロがフェイスリフトで商品力アップ

フォルクスワーゲンがBセグメント・サイズのハッチバック、「ポロ」のフェイスリフト・モデルを日本導入。デザインや装備、パワートレインの見直すことで、モデルライフ後期に向けて商品力の強化を図った。

VWゴルフ風のグリル・ライトを新設

エクステリアは前後バンパーのデザインを変更。新形状のヘッドライトは全車LED式となり、上位グレードにはマトリックス・タイプの「IQ.ライト」を装備する。ヘッドライトには2本のED式のデイタイム・ライトが備わり、そのうちの1本はフロント・グリルの下部にあるLEDライトと繋がっている。テールライトもLED式で立体的な発光パターンとなった。



全車に液晶メーターを標準装備

室内装備では液晶メーターと9.2インチ画面のインフォテインメント・システムを全車に採用。エアコンの操作パネルはタッチ式となり、従来モデルより先進性を打ち出している。

エンジンは従来型と同じ1.0リッター直3ターボだが最新世代のユニットに刷新。ミラーサイクル燃焼プロセスや可変ジオメトリー・ターボ、ガソリンPMフィルターを採用することで、効率や排ガス浄化性能の向上と、十分な動力性能や高い静粛性の確保を図った。出力は95ps/175Nm。トランスミッションは乾式のデュアルクラッチを持つ7段自動MT(DCT)だ。



兄貴たちと同じ最新の安全装備を備える

安全面では上位グレードに同一車線内全車速運転支援システムの「トラベルアシスト」をポロとして初めて装備。パサートやアルテオン、ティグアンといった格上のモデルにはすでに採用されているVW最新の安全装備で、あらかじめ設定した車速内で前走車との車間と走行レーンの維持をサポートする。

グレードはスポーティ仕立ての「Rライン」を含む4タイプ。ボディ・カラーは紫系の新色を含む7色を用意する。

価格は257.2万円〜329.9万円。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED