2022.10.15

CARS

おじさんたちは、なぜこんなにもフェアレディZにときめくのか? ポルシェにもスープラにもないZの魅力とは【3台比較試乗・前篇】

同じ2座クーペ、6気筒エンジンの日産フェアレディZ、GRスープラ、ポルシェ718ケイマンGTSを比較試乗!

全ての画像を見る
新型日産フェアレディZの魅力を検証する企画。ライバルと比較することで、おじさん、お父さんたちが、何をZに求めているのかを浮き彫りにする。モータージャーナリストの島下泰久、渡辺敏史と、エンジン編集部の荒井、上田の4名が、同じ2座クーペ、6気筒エンジン、パワーもほぼ同じというトヨタGRスープラ、ポルシェ718ケイマンGTS 4.0と乗り比べて、新型日産フェアレディZについて語り合った。今回はその前篇をお送りする。

新型Zの第一印象は?


荒井 ここでは新型日産フェアレディZの真価をライバルと比較しながら考えていきたいと思います。ライバルとして取り上げたのは、Zと同じ2座のクーペ2台。ポルシェ718ケイマンGTS4.0、そして4月に一部改良を受けたトヨタGRスープラです。

上田 3台ともエンジンは6気筒。ただし、新型ZはV6、GRスープラは直6、ケイマンGTSはフラット・シックスと形式が違います。



島下 さて、みなさんは新型Zにどんな第一印象を持ったんですか?

渡辺 ちょっと古いところがあるなというのがワタシの第一印象。ただ、その古さはちょっと可愛げがあるというか、愛すべき感じがしました。むしろそういう部分があった方が、クルマとの対話もしやすいし、関係が長持ちするのではないかと。

上田 4代目Z(Z32)に乗っていたワタナベさんや、初代(S30型)に憧れていたアライさんのような、Zに対する思い入れが僕にはないんです。でも、横浜の日産から借り出したとき、愛されキャラの理由が少しわかった気がします。第一印象がすごく良くてこのまま遠くへ行きたいと思った。

荒井 こういうクルマってワクワクするかどうかが大事だと思う。で、初めて実車を見たらすごくドキドキ、ワクワクした。これなら2年待ってやっと自分の手元に来たときに嬉しい! という気持ちになるだろうなというインパクトがあった。



島下 で、走り出すと?

荒井 先代Z34とは全然違うと思った。日産は新型ZをZ34型のビッグ・マイナーチェンジと言ってるけど、フルモデルチェンジなんじゃないの? と。以前のモデルはクーペのカタチをしながら走りについては掴みどころがないクルマだったけれど、新型はパワフルで加速もいいし、重ったるいところがない。スポーツカーと言っていいんじゃないの? というのが横浜から東京までの印象です。ところが、ライバル2台と比較しながら箱根で乗ったらその印象は変わるんだけどね。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED