2022.12.26

CARS

【発売中】ENGINE2・3月合併号『2023年版、2台持つとクルマはもっと楽しい!』

やってきました年末年始。ENGINE恒例、「2台持ち」の季節です。

2022年は、なかなかスッキリと終息してくれないコロナ禍や、ウクライナとロシアの間で勃発したイヤな戦争、半導体不足によるクルマの生産調整問題などなど、右を向いても左を向いても困った話題が多かったけれど、そんな中でも、たくさんの素晴しい新型車が日本でも海外でも登場したし、ヴィンテージ・カーはもちろん、ちょっと古いクルマの魅力にもますます目が向けられるようになってきて、クルマ好きにとっては、あっちもこっちもそっちもどっちも気になって仕方がないような忙しい一年だった気がします。

さて、新年はどんな年になりますことやら。とにもかくにも、2023年がクルマ好きにとって、もっともっと楽しい年になりますように、という願いを込めて、2023年版の2台持ち特集をお届けします。

【巻頭特集】
新年恒例の大型企画! 今回もパワー全開で取材しました。
2023年版、2台持つとクルマはもっと楽しい!



▼10人の2台持ちオーナーを全力取材しました!
#1 フェアレディSR311(1968)とポルシェ911Sタルガ(1972)を親子2代で溺愛する岡 昌光さん
#2 アルファ・ロメオ・ジュリエッタ(2014)とマセラティ・ギブリ(2014)ほかに乗る是永博基さん
#3 レトロなトヨタ・パブリカ(1976)とモダンなアウディR8(2011)を愛する河村正一さん
#4 70歳を超えた今も、2台のブラバム製のフォーミュラカー(1965&1969)でレースをしながら、夫婦でモーガン・プラス4(2019)でのツーリングも楽しむトニー伊藤さん
#5 クラシックカー・イベントでも大活躍のアルファ・ロメオ159(2008)とフィアット・パンダ(1998)と暮らす岩本美香さん
#6 これで9台目という熟知したトヨタ・スポーツ800(1966)とただいま勉強中のホンダS800(1966)を
ガレージで愛でる渡辺敏幸さん
#7 アルファ・ロメオ156(1997)とボルボ940ポラール・エステート(1995)というちょっと旧くて個性的なクルマに乗る能條さん夫妻
#8 マクラーレン720Sスパイダー(2020)を手に入れてサーキット走行に目覚め、アルピーヌA110Sアセンション(2022)もガレージに納めた向井豊さん
#9 ディーノ246GT(1972)とフィアット500(2012)のイタリア車2台持ちを楽しむ井之上泰巳さん
#10 アバルト、ジャガー、ブガッティ、ポルシェなどなどすべて丸い目の、小さな17台が潜むガレージの主、Kさん

【第2特集】
レクサスRX&NX、GRカローラ&ヤリスにイッキ乗り
『レクサスとGRの世界。』

トヨタからスピンオフして、ラグジュアリーとスポーツの分野を担うふたつのブランド、レクサスとGR。その最新モデルに乗って、それぞれの立ち位置や目指すものについて考えてみた。



【ニューモデル海外試乗記】
メルセデスAMGのスポーツ・サルーン、新型C63に乗る


【ENGINE ROAD TEST】
#1 日本上陸した新型メルセデスAMG SLに箱根で初試乗
#2 メルセデスAMG初の電気自動車、EQS53に乗る
#3 新しくなったBMW7シリーズの電気自動車版、i7の出来栄えは?
#4 フォルクスワーゲン・ゴルフの最速最強モデル「R」を箱根で試す
#5 装いも新たに復活したジープ・コマンダーに乗る。

【ENGINE WATCH CLUB】
ハイスペックな新作が続々登場! 2023年も時計はもっと面白い!!


【ENGINE DRIVING STYLE】
気分はもう春 ! ドライブへと誘う、ショート丈のスプリング・アウター


【長期リポート番外編】
ジャガーXJS V12コンバーチブル(1992)クラブのツーリングに参加した。


【連載 わが人生のクルマのクルマ。】
第23回 江口ともみ(タレント)さんと純白のメルセデス・ベンツ S400d「カーライフは二人三脚」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED