2021.06.13

CARS

【動画公開】世界初のレベル3自動運転を実現したホンダ・レジェンドを首都高速で試してみた! by島下泰久

遂に市販にこぎ着けた、レベル3自動運転機能「ホンダ・センシング・エリート」搭載のホンダ・レジェンドで、モータージャーナリストの島下泰久がいざ、首都高速へ! いきなりの大渋滞の中、「ホンダ・センシング・エリート」の機能を試す。



「ホンダ・センシング・エリート」の目玉機能「トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)」は、高速道路に於ける50㎞/h以下での渋滞走行時のレベル3自動運転を可能にするものだ。ハンズオフ(手放し)できるだけでなく、ドライバーによる周辺状況監視も不要な走行を実現し、この時にはナビゲーションをセットしたり、車載モニターでのDVDの視聴なども可能に。

■ホンダ・レジェンド・ハイブリッドEXホンダ・センシング・エリート
駆動方式 フロント横置きエンジン+前後3モーター4輪駆動
全長×全幅×全高 5030×1890×1480mm
ホイールベース 2850mm
トレッド(前/後) 1630/1630mm
車両重量(前後重量配分) 2030kg(前1140kg:後890kg)
エンジン形式 V型6気筒SOHC24V+交流同期モーター
総排気量 3471cc
ボア×ストローク 89.0×93.0mm
エンジン最高出力(モーター前/後) 314ps/6500rpm(48ps/37ps×2)
エンジン最大トルク(モーター前/後) 371Nm/4700rpm(148Nm/73Nm×2)
変速機 7段AT
サスペンション形式(前/後) ダブルウィッシュボーン式/マルチリンク式
ブレーキ(前/後) 通気冷却式ディスク/ディスク
タイヤ(前後) 245/40R19 94Y
車両価格(税込) 1100万円

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

出演・撮影・編集=島下泰久

PICK UP


RELATED