2021.08.05

CARS

ちょっと古いクルマが楽しめるお店で、極上のプジョー406クーペのMTを発見!!

プジョー史上最後のピニンファリーナ・デザインで、最も美しいクーペとして未だ高い人気を誇るプジョー406クーペ。今でも普段乗りに使えるのか? 気になるコトを聞いてきました。

ネオクラシックになった406クーペ

冒頭の座談会で「今気になるクルマ」を挙げるとき、シトロエンC6と最後まで迷ったのが、プジョーとピニンファリーナの最後のコラボ作品となったプジョー406クーペだった。まだ某編集部に入りたての頃、クリーム・イエローの広報車を少しだけ運転させてもらってから「いつかは欲しい!」と思い続けてきた。

あれから20数年、ネオ・クラシックとなった406クーペの現状はどうなっているのか? 東京都江戸川区にあるフランス車を専門に修理、販売を行う原工房を訪ねてみた。

代表の原誠二さんは日英自動車、オースチン・ローバー・ジャパン、プジョー葛飾でメカニックを務めた後、02年に独立して原工房を設立した経歴の持ち主。つまり205の新車当時から一貫してプジョーを手がけてきたスペシャリストである。



シルバーの外装にワインレッドのレザーがシックな406クーペ。非常に珍しいV6&MTの本国仕様。価格は整備費込みだが、さらに仕上げたいという相談にも乗ってもらえる。

プジョー406クーペと一口に言っても、日本仕様だけでも98年から輸入が始まった190psの2.9リッター60度V6を搭載する前期型、可変バルブタイミングの採用で206psにパワーアップしたV6を搭載し00年から導入された中期型、そしてエンジンはそのままにフェイスリフトを行い03年8月から導入された後期型と3つのタイプが存在する。いずれもZF製の4段ATだが、前期と中期に標準装備されていたブレンボ製の4ポット・ディスク・ブレーキは、後期型のみスタンダードに戻されている。

「406クーペは毎月20台ずつ輸入されていたので、市場に流通する大部分がディーラー車ですね。ただ少数ながら2.2リッター直4モデルも並行輸入されていて、ウチでも何台か面倒をみていますよ」

原さんによると、今も406クーペに拘って乗っているオーナーが多く、なかなか手放したがらないので、売り物が出ても速攻で売れてしまうという。反面、お金をかけて大事にされているケースが多いので、総じて程度の良い個体が多いそうだ。





珍しいMT仕様

今回取材したのは、これから仕上げる予定という販売車両。206psのV6を積む中期型ながら、5段MTを搭載した超レアな02年式の並行輸入車である。

「ウチのお客さんが2人ほど乗り継いだクルマで、タイミング・ベルトやショック・アブソーバーを交換したり、結構手を入れています」

と原さんがいうように、走行10万kmとは思えないほどクルマの姿勢はシャンとしていて、機関の状態も好調。何より本国仕様の左ハンドルのMTというのが魅力的だ。

巷ではV6エンジンにトラブルがあるという噂もあるが、原さんによると奥側のバンクに熱が篭りやすく、イグニッション・コイルがパンクするケースがほとんどで、エンジン自体は基本的に丈夫だという。またタイミング・ベルトの交換は10万kmが目安で修理費は一式で約30万円。ATも頑丈だが、フロントのコンバーターとポンプのブッシュが焼きつき、キャキャキャという金属音が出たらオーバーホールが必要で、脱着工賃を含め60万円ほどで直るそうだ。

Renault Kangoo 4x4 (2008) ¥990,000 日本には正規輸入されなかったカングー4×4。原さんが乗っていた個体で、走行24万kmながら内装は綺麗。4WDのカップリング交換済み。タイベル交換など整備費込み。



Peugeot 106 Rallye 1.3 (1996) ¥2,200,000 今やコレクターズアイテムの106ラリー1.3。中でも赤は希少。しかもステアリングとシフトノブ以外はフルオリジナル! タイベル、クラッチ、足回りなどの整備費も込みだ。

一方、エアコンに関しては特にトラブルはなく、効きもいい。

「306カブリオレや406クーペはピニンファリーナの工場で作られていたので、手作り感があります。今では考えられないですが、人気のある薄青や薄緑メタリックの塗料には鉛が入っていて、発色が綺麗。セダンや、ブレークとは違います」

問題は外装パーツの欠品が多いことで、買う場合は外装の綺麗な物を選ぶことが得策である。

「こういうクルマは新車を知っている人じゃないと直せない。なぜならどこが壊れているかが、わからないからね。いい加減なクルマを売ると評判悪くなっちゃうし、メカニック上がりってウソをつけないんですよ」

と原さんは笑う。そう聞いて、ますます406クーペのことが頭から離れなくなってしまった。

文=藤原よしお 写真=望月浩彦

※リポートで取り上げた車両の在庫や価格はエンジン8月号掲載時のものです。
(ENGINE2021年8月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP