2021.08.06

CARS

必ず壊れるクルマの代名詞だけど、最高にカッコいいちょっと古いシトロエンXMに乗るにはどうしたらいいのか?

一時は必ず壊れるクルマ、手を出してはいけないクルマの代名詞、とまで言われたシトロエンXM。登場から30年以上を経た、今の状況はどうなのか? エンジン編集部の上田がリポートする。

最高にカッコいいXM

京都・伏見の住宅街の坂道を登っていくと、色とりどりのDSやBXの並ぶショールームが現れた。1998年創業のシトロエン専門店、アウトニーズだ。整備、販売のほか、オランダに自社工場を持ち、DSやアミのレストア、輸入をしている。最近はDSと2CVのレンタカー業務も開始。古都をクラシック・シトロエンで楽しめると好評のようだ。

代表の二井浩之さんは若かりし頃、シトロエンの輸入元だった西武自動車に在籍。XMと初対面した時は衝撃を受けたと振り返る。「最高に格好良かった。コンコルドのクルマ版、みたいだって思いました。まだ完成していないけど、出しちゃえ! みんなをビックリさせてやろう! そんな思いを感じました」。





その後、二井さんは他車の販売に関わるようになったのにXMを手に入れ、営業車として使っていたと言うから恐れ入る。当時の社長から「彼は本当にクルマ好きだから」と許してもらえたのだそうだ。

ところがアウトニーズを創業し、中古車としても扱うようになると、XMは故障が頻発した。しかし二井さんは、シトロエンの思想やXM自体が悪いのではなく、部品の精度や品質が追いつかなかったのが原因だと考える。鬼門のステアリング・ラックからのLHMと呼ばれる専用オイルの漏れはオリジナルでシリンダーを製作して対応。販売車はすべてエンジンを下ろし、ステアリング・ラックを交換し、ホースなども点検。LHMと窒素ガスによるXMの緩衝装置、ハイドラクティブ/ハイドラクティブIIは、作業しやすい球状のスフィアだけ交換しがちだが、硬軟を切り替えるエレクトロバルブ(残念ながら新品ストックは同社でも枯渇気味。シフトノブなど内装部品も入手し難い)やハイトコレクターの不調と相まって、スフィアを替えたら逆に乗り心地が悪化、という状況に陥りやすい。しかし、これまで蓄積したノウハウでXMをなんとかしたい、と取締役の伊藤悠太さんも熱く語る。「今回の車両も、板金部門からは手がかかる、と言われました……でも、直すことにしたんです」。



復活可能な程度の個体が減ったことに加え、1998年以降の最終期型はステアリングのセルフセンタリング機構がなく、長く維持しやすいことが決定打になった。かつてシトロエンらしいと珍重され、日本仕様では左ハンドル・モデルに装着されていたこの機構は、二井さん曰く「据え切りはできれば避けたいのに、自動で据え切りしちゃうから困る(笑)」という。さらに日本仕様はすべて大きく重量のかさむ3リッターV6搭載ゆえ、サスペンションのアッパーマウント抜けや、エンジンの熱害で部品の痛みが激しいなど、ウィークポイントはまだまだある。それでも他では代えがたい、この未来的なスタイリングに魅了される人は多い。



行き着くところは中古並行

そこでXMに惚れ込み、シトロエンを何台も乗り継ぐような趣味人にお薦めしたいのが、初期の2リッター直4搭載モデルを欧州から輸入すること。エンジンは日本仕様のエグザンティアとほぼ同じSOHCユニットで、最高出力は120馬力ほどだが、ギアリングの低い5段MTとの組み合わせならば意外や活発に走る。エンジン・ルームはスカスカで熱害が少なく、鼻先が軽くノーズの動きはずっと機敏。足まわりはハイドラクティブ/同IIだけでなく、よりシンプルなハイドロニューマチックの組み合わせもある。日本まで運んで乗り出すまでの費用は、300万円が1つのラインだという。



代表の二井浩之氏が夢見た理想のXMが2リッター直4+5段MTの初期型(日本正規未導入)。この日は数年ぶりに里帰りした銀色の輸入1号車と、整備中の薄緑色の車両が並んだ。伊藤悠太取締役も「これまで5台が上陸。あればぜひ輸入したい」とのこと。しかし程度のいい車両は希少。

おそらくこの2リッターこそベストだ、と二井さんは常々予想していたが、7年ほど前、オランダで試乗してそれは確信に変わった。「まさに夢に描いていたXMでした。輸入には苦労しましたね。排ガス検査が心配で心配で、受かったと電話で聞いた時はものすごくうれしかったなぁ」。

取材当日、まさにその輸入した1号車が里帰りしており、二井さんは長い間それを眺めた後、ふと、こう漏らした。「このまま強奪してしまいそう」。長い間シトロエンに携わってきた彼にそう言わしめる。それがXMというクルマなのである。

文=上田純一郎(ENGINE編集部) 写真=岡村智明

※取材車両の価格、在庫状況はエンジン8月号掲載時のものです。

(ENGINE2021年8月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録