2021.10.02

CARS

【第5位】ロータス・エリーゼ・スプリント220がエンジン・ホット100で第5位! 多くの選考委員が生産終了惜しんだ



「アルファ4CやアルピーヌA110などライトウェイト・スポーツが出てきたけれど、エリーゼのピュア度に届かない。そもそもマニュアル車に乗りたいのだった」というのは国沢さん。エリーゼのピュアさは乗れば誰しも感じるところ。A110にMTの計画がないことは、自分も寂しく感じている。メガーヌR.S.にはラインアップしたのに。



「すべてに軽く、すべてがダイレクト。ライトウェイトじゃなければロータスじゃない!!」というのは桂さん。初期の690kgに比べればだいぶ重くなっているとはいえ、スポーツ220IIは924kgと1t切りはキープ。A110との200kg近い差ははっきりと体感できる。“軽さ”の旨みはすごい。

もちろんマイカーのA110には満足していて、末永く乗り続けたいと思っているが、ライトウェイト・スポーツの大先輩であるエリーゼが、いまでも一線級の実力を持っていることには改めて驚きを禁じ得ない。その偉大さに敬意を表してランキングは1位とさせてもらった。

「ケータハムみたいに再販すればいいのに」とは本誌の上田さん。その手があったか。厳しさを増す環境・安全などの規制を少量生産車としてすり抜けられるかどうかはわからないが、どんなカタチでもいいから残して欲しい名車である。

文=石井昌道 写真=柏田芳敬/神村 聖

(ENGINE2021年9・10月号)

【エンジン・ホット100ニューカーズ!】上位20位に選ばれたクルマはこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP