2022.10.08

CARS

日本中のお父さんに乗ってほしい!! マツダ・ロードスター、GR86、BMW 220i アンダー550万円の“ひと味違う”後輪駆動のスポーツカー選び【前篇】

FRのいわば古典的なスポーツカー、マツダ・ロードスター990S、GR86RZ、BMW 220iクーペMスポーツ

全ての画像を見る
電気自動車が台頭し、純内燃エンジン車の終焉が近づいていることをひしひしと感じる今日この頃。けれど、クルマ好きが楽しめる純内燃エンジンのスポーツカーは、アンダー550万円でもたくさんある!そんな中、フロント・エンジン&リア駆動、いわゆるFRのいわば古典的なスポーツカー、マツダ・ロードスター990S、GR86RZ、BMW 220iクーペMスポーツの3台にフォーカスを当て、試乗したモータージャーナリストの島下泰久、藤原よしおとエンジン編集部のムラカミ、ウエダの4名で座談会を行った!

220iクーペはBMWの良心

村上 『エンジン』では2000年代初頭に「男の気持ちと400万円」という特集をやっているんですが、当時僕が長期リポートで担当してたのがE46のBMW318Ci。まさに新車で383万円だった。

島下 僕はE36の318isクーペに乗ってました。M3が770万円くらいの時に、新車価格が398万円で「価格は半分、でも楽しさは3分の2」みたいに言われてましたね。

日本市場における2シリーズ・クーペのラインナップは、後輪駆動で2リッター直列4気筒ターボを搭載するベースモデルの220iクーペ(529万4000円)と、それをベースとする試乗車の220iクーペMスポーツ(550万円)と、4輪駆動で3リッター直列6気筒ターボを搭載するM240i xドライブ・クーペ(757万円)の3モデル。ボディ形状は2ドアのみ。4ドアのグラン・クーペもあるが、こちらは前輪駆動ないしは前輪駆動ベースの4WDとなる。

村上 そこで今、そういうクルマはないかな? と改めてBMWのラインナップを見渡してみて、“そうそう、あるじゃないの!”って思ったのが220iクーペMスポーツ。

上田 これがジャスト550万円。ということで550万円以下で「価格を超えた価値ある楽しさを運んでくれる」後輪駆動のスポーツカーを3台集めました。残り2台はトヨタGR86のRZと、マツダ・ロードスターの990S。新型日産フェアレディZは524万1500円~なんですが、このタイミングではまだ試乗は叶いませんでした。

村上 この3台は費用対効果の点ですごく魅力的だよね。特に220iクーペはE36のM3と同等か、もしくは上回るくらい速いんじゃないの?



島下 そう、184psしかないけど乗ると速くて、そうは感じない。

藤原 最大トルクが300Nmもあるし、箱根ターンパイクの登りの加速でも足りない感じはなかった。

島下 体感で220~230psくらいある感じですよね。

上田 ZF製の8段スポーツATの効果も大きいと思うな。

島下 エンジンもトップエンドでキュッと軽くなるし、BMWもまだこんなクルマ作れるんじゃん! って素直に思いましたよ。

上田 往年のBMWらしさが溢れるクルマですよね。



無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED