2022.11.23

CARS

300万円を切る戦略価格でホンダZR-Vが登場 納車開始は半年後の4月

日本市場ではCR-Vに代わる新しいミドルクラスSUVとして導入される新しいSUV、「ZR-V」を正式発表した。

スポーティなエクステリア

スタイリングは、曲線や曲面を盛り込んだスポーティなイメージを感じさせるフォルムを採用。SUVクーペほど極端ではないものの、ルーフラインをやや後ろ下がりにすることで空力性能を向上させている。フロントまわりは縦桟の入ったグリルと横長のヘッドライトの組み合わせ。リアまわりは下部にボリュームを持たせるとともに上へ向かってなめらかに絞り込むことでトレッドの広さを強調している。テールゲートは全車に電動開閉機構を標準装備する。

ZR-V・Z・e:HEV・AWD

セダン・ライクなインテリア

ボディ・サイズは全長4570×全幅1840×全高1620mm、ホイールベースは2655mm。この夏に生産終了したCR-Vに比較すると全長が35mm、全幅が15mm、全高が60mm、ホイールベースが5mmそれぞれ短くなっている。

インテリアは新型シビックと似た水平基調のダッシュボードで広さを演出しつつ、高いセンターコンソールで運転席と助手席を区切ることでパーソナル感も持たせた。ドア下部や荷室にはデジタル造形デザインと呼ばれる波型の幾何学模様を採用し、デザイン性と傷の目立ちにくさを両立させた。また、ヒップポイントを低めてセダン的な着座姿勢とすることで、乗員の頭上空間も確保している。

ZR-V・Z・e:HEV・AWD

最新の「スポーツe:HEV」を搭載

パワートレインは、シビックに初搭載された「スポーツe:HEV」をSUVでは初めて採用。2.0リッター直4直噴エンジンと2モーター内蔵の電気式CVTを組み合わせ、最高出力はエンジンが141ps、モーターが184ps、最大トルクはエンジンが182Nm、モーターが315Nmを発生。また、178ps/240Nmの1.5リッター直4ガソリン・ターボ+CVTも設定する。

ハイブリッド、ガソリンともに2グレード設定で、どちらにも前輪駆動と4WDを用意する。急な下り坂での運転をサポートするヒルディセントコントロールを全車で標準装備化した。

価格はガソリン車が294万9100〜376万8600円、ハイブリッド車が329万8900〜411万9500円。発売時期は半年後の2023年4月21日となっている。

ZR-V・X ガソリンFF

文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP