2022.12.26

LIFESTYLE

LEXUS RX × kolor GR COROLLA × kolor BEACON スタイリスト・祐真朋樹の「乗る車 × 着る服」

今回は巻頭特集「2023年版 2台持つとクルマはもっと楽しい!」にあわせ、「レクサスRX」と「GRカローラ」の2台が登場するスペシャル企画だ。

「ラグジュアリー」と「スポーツ」、それぞれを楽しむ

まず7年ぶりにフルモデルチェンジした新型「RX」に合わせた服は、日本を代表するファッションブランド、kolor(カラー)の2023年春夏シーズンの最新ルック。異なるアイテムや素材のドッキング(融合)が特徴的なkolorのクリエイションは、フロント・グリルとボディの一体感が特徴的な新しいスピンドルグリルを導入した新型RXによく似合う。

そしてもう1台は、トヨタのスポーツカー・ブランド“GR”から新登場した「GRカローラ」。5ドアハッチバックのカローラ・スポーツをベースに、最高出力304psの1.6リッター直3ターボと4WDシステムで武装したホッテスト・モデルだ。合わせた服は2013年にkolorから派生したkolor BEACONの最新アイテムのコーディネートだ。ディテールや素材にこだわり、アイテム1点1点を自由な感性で表現するkolor BEACONの世界観は、GRと通ずるものがある。

2台それぞれのクルマに合わせた極上の服を身に纏い、至福のドライブへと出かけたい。

ジャケット10万1200円、シャツ4万5100円、トラウザーズ3万8500円、 ソックス4950円、ベルト1万9800円、腰に付けたネックレス2万7500円、 シューズ5万3900円(カラー/カラー Tel.03-6427-6226)

ブルゾン8万5800円、シャツ4万6200円、トラウザーズ3万9600円、腰に付けたネックレス2万7500円、シューズ4万9500円(カラー/カラー Tel.03-6427-6226)

LEXUS RX

7年ぶりの刷新となる新型「レクサスRX」は、かつて日本市場で「ハリアー」名で販売されていた初代(本号の裏表紙を参照)を含めると、通算5代目となるモデルだ。エクステリアには、レクサスの象徴であるスピンドルグリルをフロント・グリルとボディを用いて表現することで両方に一体感を持たせた新手法「スピンドルボディ」を導入。基本的には先代を継承しつつ、低重心で踏ん張り感のあるスタイルのデザインとなっている。インテリアは操縦性の高さやクルマとの一体感を追求した運転環境と、開放的で快適な居住空間を両立。ダッシュボードからドアまでラウンドした形状のデザインで、落ち着いた雰囲気に仕上がっている。また、パワートレインも進化。今回の撮影車両である最上位機種「RX 500h F SPORTPerformance」は、高トルクな2.4リッター直4ターボとモーターのフロントユニットに加えて、リアには高出力モーターの「eAxle」を組み合わせ、システム出力371psを発生する新しいハイブリッド・システムを採用している。全長×全幅×全高=4890×1895×1710mm。車重=2100kg。900万円(税込)。

コート11万5500円、フーディ5万8300円、ショーツ4万1800円、ソックス4400円(カラー ビーコン/カラー Tel.03-6427-6226) スニーカー※スタイリスト私物

GR COROLLA

「GR」とはモータースポーツで鍛えられた知見や技術を詰め込んだ、トヨタのスポーツカーブランド。今回のクルマ「GRカローラ」は、スープラ、ヤリス、86に続く、GRブランド4番目のモデルだ。カローラのハッチバック・モデル「カローラ・スポーツ」がベースになっている。エクステリアには、専用デザインの前後バンパー、エア・インテーク、エンジン・フードを採用しているほか、前ホイールアーチ後方にはエア・アウトレットを設置。サーキットやダート、雪道など、あらゆる環境でテストして得られた知見を生かして、冷却性能と空力性能を高めている。インテリアでは、スポーツ走行時の視認性を追求したフルTFTの液晶メーターを採用。また、ドリフト時の操作性などを考慮し、サイド・ブレーキは手引き式にしている。ノーマルのカローラ・スポーツと比較すると、スリーサイズは35mm長く、60mm幅広く、全高は5~10mm低い。フロントに304psの1.6リッター直3ターボ・エンジンを横置きし、4輪を駆動。今回の撮影車両は「GRカローラRZ」。全長×全幅×全高=4410×1850×1480mm。車重=1470kg。希望小売価格525万円(税込)。

ジャケット9万200円、シャツ4万7300円、トラウザーズ4万7300円、ソックス4400円 (カラー ビーコン/カラー Tel.03-6427-6226) スニーカー※スタイリスト私物

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED