2020.02.22

CARS

ブレーキを強化したメルセデス・ベンツ500Eと911カレラ4Sの2台持ち! ドイツ車を愛用するオーナーのガレージライフ

500E(1992年式の前期型)とTさん

全ての画像を見る

40年以上続けたクルマ関係の仕事を2018年に65歳でリタイアしたTさん。「いいクルマとはどういうものか」を約半世紀にわたって追求してきた紳士は、キレイに磨き上げられた玄人好みの2台のドイツ車を愛用している。


吟味して本当にいいものだけを選ぶ

驚くほど洗練された家の中から出迎えてくれたとびきりスタイリッシュなジェントルマンが今回の主役であるTさん。40余年にわたってクルマ関係の会社に勤務し、サービスとセールスの両方を経験したクルマのプロフェッショナルで、現在、メルセデス・ベンツ500Eとポルシェ911を所有している。

15年ぐらい前からビスポークの靴を作るようになり、2人の職人に製作をお願いしているという。玄関ホールには、バーカー、ジョンロブ、エドワード・グリーン、オールデン、チャーチ、クロケット&ジョーンズ、J.M.ウエストンなどの革靴も並ぶ。

40余年も勤務したのちに第一線を退いたということは、普通に考えれば現在の年齢はかるく60歳を超えているはずだ。しかし、Tさんの見た目はとてもそんな年齢に思えないほど若々しい。

「19歳のときにクルマ業界に入り、46年間、同じ会社に勤めていました。2018年に65歳でリタイアしまして、現在66歳です」“えっ66歳!?”と心の中で驚嘆していたら、Tさんが愛車のメルセデス・ベンツ500Eとポルシェ911が収納されているガレージへと案内してくれた。さすがはクルマの販売経験もあるTさん。自邸とはいえ、愛車を紹介するまでの動きがスムーズだ。

ガレージは正面だけでなく玄関ホールの脇からもアクセスできるのだが、玄関に入ってまず驚いたのが玄関ホールにずらりと並べられた数多くの革靴。しかも、階段下にも靴専用の棚があり、ざっと見積もっただけでも30足以上ある。

「靴には営業職へ異動したときにハマりました。フルオーダーのビスポークもあります。既製品とビスポークでは作りそのものがけっこう異なっているんですよ。もちろんフィット感や"返り"など履き心地も違います。実は靴って奥が深いんです」

さらにTさんは靴だけでなく、英国製のアンティーク家具やペルシャ絨毯にも造詣が深いようで、玄関ホールや2階にあるリビングのあちらこちらに置かれ、いいアクセントになっている。

「凝り性なんです」とTさんは笑う。


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP