2020.05.03

CARS

【ガレージ取材】トヨタ・セリカや日産バイオレットのラリー・カーをはじめ、名立たる競技車両やヒストリック・カーで世界を駆け回る

ビートルでクルマ趣味をはじめ、ポルシェでレースの世界にハマった国江仙嗣(ひさし)さんが、今、力を注いでいるのは、日本の名車を日本に戻し、大切に保存すること。彼の尽力により、多くの日本を代表するクルマたちが後世に遺ることになるだろう。


"ダルマ"の愛称で知られるRA20型トヨタ・セリカ2000とPA10型日産スタンザ(日本名バイオレット)。今ではほとんど見かけることがないこのジャパニーズ・ヒストリックたちがかつて世界のラリーで大活躍していたことをご存知だろうか?


白地に赤いサイド・ストライプが入ったセリカ2000はハンヌ・ミッコラが1976年の1000湖ラリーで3位、1977年のRACラリーで2位に入った履歴を持つ、TTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)のワークスカーで唯一の現存車だ。


名手オベ・アンダーソン率いるTTEがホワイト・ボディから製作し、WRCに投入したセリカ2000。
現存する唯一のワークスカーでもある。
エンジンは元々ツーリングカー・レース用に開発された2ℓ直4DOHC16バルブ"18R-G"をシュニッツァーがチューニングしたものだ。


一方、トリコロール・カラーに彩られたスタンザは、1979年にオーストラリアで開催されたサザンクロス・インターナショナル・ラリーに日産ワークスから出場し、ジョージ・フィーリーの手で優勝。1980年のオーストラリア選手権でもチャンピオンを獲得した輝かしいヒストリーの持ち主である。


A10系スタンザ/バイオレットをベースにボディやサスペンションなどあらゆる部分を強化し、200psまでチューンした輸出用の2ℓ直4SOHC"LR20B"を搭載したワークス・スタンザ。「この当時は何度もバラし、手を加え、1台のクルマを何年も使う。だからチームから注がれた愛情の深さが、最近のラリーカーとは違うんです」とは国江さん。


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録