2020.09.19

CARS

ウクライナ問題の今だから読みたい!「練馬ナンバーでユーラシア大陸を横断」自動車ジャーナリストの金子浩久さんと1万5000キロの大冒険を共にしたクルマとは

ハバロフスクを出発してシベリアを西へ向かい始めた日のランチ。後ろの建物は街道沿いの食堂。ドライブインのようなものだから、トラックや他のクルマな どもここでひと休み。看板に「KaⅠoe」とあるのは、ロシア語で「Cafe」のこと。カルディナが泥で汚れているのは、幹線道路でも未舗装の部分が多かったから。

全ての画像を見る

あらためてクルマとともに過ごしてきた来し方を振り返り、クルマが私たちの人生にもたらしてくれたものについて、じっくりと考えてみるスペシャル企画「わが人生のクルマのクルマ」。自動車ジャーナリストの金子浩久さんが選んだのは、「トヨタ・カルディナ」だ。今世界中が注目しているロシアによるウクライナ侵攻。金子さんはかつて、まさにそれらの地をトヨタのカルディナで走った。その記録、『ユーラシア横断1万5000キロ』も必読です。

冒険はいまも続いている

わが人生のクルマのクルマは、1996年型トヨタ・カルディナ1.8CZです。

東京から運転して、ユーラシア大陸を横断したクルマです。2003年に中古車情報誌に37万円で売りに出ていた7年落ち。富山県伏木港から一緒にフェリーに乗り、ウラジオストク港からロシアをひたすら西に進み、ヨーロッパを南下してユーラシア最西端の地ポルトガル・ロカ岬まで2か月1万5000km。




自分のクルマを運転してヨーロッパに行くのは長年の夢でしたから、格別のクルマです。同じような旅をもう一度行ったとしても、“初めて行ったクルマ”として、このカルディナに寄せる想いは今後も変わらないでしょう。では、なぜ、カルディナなどを選んだのでしょうか?

ユーラシア大陸を横断するとしても、ドイツ以西のヨーロッパ圏内はそれまで散々と走ったことがありますが、ロシアやベラルーシ、ポーランドなどは未経験です。特にウラル山脈以東のロシアの道路状況と交通環境に関する情報が準備中を通してほとんど得られませんでした。グーグルアースなんて、もちろんまだありません。対応が冷たかった狸穴のロシア大使館、怪しげな商社、モスクワの事情しか知らないことを恐縮していた留学生など。

過酷なのであろうシベリアの悪路に万全に備えるためには、トヨタ・ランドクルーザーやランドローバー・ディスカバリーのようなローレンジ・モードを使える副変速機を備えたヘビーデューティSUVしかないだろう。でも、それらは大きく重く、燃費も良くない。ガソリンスタンドがどれだけの間隔で設けられているかもわからないから、燃費は重視したい。悪路走破能力と燃費を秤に掛けて、ずいぶんと考えました。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP

RELATED