2021.10.15

CARS

問答無用のカッコ良さ! 自動車ジャーナリストの小沢コージが第1位に選んだのはジープ・ラングラー!!【エンジン・ホット100ニューカー・ランキングス2021】

クルマ好きはどんなクルマを欲しているのか? コロナ禍の今「エンジン・ホット100」選考委員が身銭を切っても欲しいのはこのクルマ! 雑誌『エンジン』の名物企画、「エンジン・ホット100ニュー・カー・ランキングス」の43名の選考委員それぞれが、2021年の今買いたい20台を挙げた。自動車ジャーナリストの小沢コージさんが気になるのはスーパースポーツよりもワイルド系! 第1位に輝いたのはジープ・ラングラーだ!!

気になるのはタフでワイルドな4輪駆動

今はタフでワイルドな4駆系今はなぜかスーパースポーツ系よりもタフでワイルドな4駆系が気になる。危機感なのか、自分自身が闇雲に強くなりたいのか、もっと言うと華やかで見映えのいいところに行く自分も想像できない。同時にクルマに乗るとなぜか安心するし、今はタフな奴かコンパクトで便利な家族で乗れる多人数SUVにしか興味が持てない。つくづく自分って動物的なのね、と思う。

1位 ジープ・ラングラー



問答無用の格好良さ。機能から生まれたデザイン。子供の時にプラモデルを見ていた時のように欲しくなる。多分荒野は走らないと思うが、漂う道具感、アメリカン的ワイルドデザイン、上質感以上に丈夫さ優先の作りが他にない。

2位 ミニ 5ドア



初代BMWミニに数年乗っているが、もはやわざとらしさを感じないキャラクターデザイン、高い質感、カッチリした走りのどれも素晴らしい。正直クロスオーバーはデカくて乗る気になれないので5ドアハッチが最も良いバランス。

3位 テスラ・モデル3



テスラ教の信者ではないEV化の間違いなくメインストリームとなるモデル3には脅威を含め乗っておくべき。操作感、アップデート性、スーパーチャージャーの進化、実際に使ってみないとわからない部分アリ。値下げもやはり助かる。

4位 マツダ CX-8

ミニバン並みに使える3列シートSUVでカッコ良くてサイズもデカ過ぎず内装質感も高くてリーズナブル。特に価格を考えるともはやコレ一択!

5位 マツダ・ロードスター



常に欲しくなる日本が育てた英国様式の極楽2人乗りオープン。4m切りボディ、1トン前後車重、安さ、手軽さどれを取っても他に代わりなし。

6位 ランドローバー・ディフェンダー



唯一Gクラスの代わりに成りうる華美でないプレミアム感を備えた本格クロカン4WD。フル装備だと値は張るが110が619万円から買えるって凄い。

7位 スズキ・ジムニー(シエラ含む)

日本でしか造れない軽サイズの超本格プチクロカン4WD。悪路走破性一部ランクルを超えるかも? 4代目で見た目プチGクラスになって人気倍増。

8位 ミニ(コンバーチブル、JCW含む)

全長4m以下で4人乗れて走りが楽しく質感高く見た目キュートで安心できる幌付きオープンは現状ほぼこれのみ。3代目でよりBMW的質感も獲得。

9位 マツダ CX-5

ドイツSUVもいいが負けないカッコ良さと質感と他にないディーゼルを持ち全長4.5m台と扱い易く、それが267万円から買えるのはほぼコレのみ。

10位 マツダ CX-30

200万円前半から買える国産コンパクトSUVで最も内外装質感が高いのはコレ。全長4.3m台で超扱い易く、1.8Lディーゼルも288万円からと手頃。

11位 トヨタ・ランドクルーザー

事実上世界で最もタフな本格クロカン4WD。国内で使うには若干デカ過ぎるが輸入競合より扱い易くもうすぐ販売終了だが最後のV8が楽しめる。

12位 フォルクスワーゲン・ゴルフ(新型)

変わらぬコンパクトカーのド定番。サイズほぼ変わらず走り良好で操作系のデジタル性能が大幅アップ。1Lなら本体300万円以下から買える。

13位 フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント

インテリア全域での質感の高さはヘタすると新型ゴルフ8を上回るゴルフ7のヴァリアント。ラゲッジ605Lは異様。モデル末期に敢えて買う手も。

14位 スバル・レヴォーグ

走り、質感ではゴルフとガチで勝負が出来、なおかつ運転支援のアイサイトXは世界トップ級。ステアリング握ってるだけでどこまでも行ける!

15位 スバル・インプレッサ(スポーツ含む)

なんだかんだで300万円中頃を突破するレヴォーグに比べ、200万円前半から買え、質感は若干劣るが走りは欧州車並み。一世代前アイサイトも悪くない。

16位 スズキ・ハスラー

去年発売でスズキの軽で走りの質感が最も高く、見た目可愛く大人4人が十分以上に座れる軽ハイトワゴン。かつてのワゴンR的代わりになる1台。

17位 スズキ・スイフト(スポーツ含む)

150万円台から買える事実上世界最安のスポーティハッチバック。特に販売の4割を占めるスポーツのハンドリングは鋭い。ただし質感はほどほど。

18位 ホンダ・ヴェゼル

クオリティは大衆コンパクトSUVとして世界最高レベル。クリーンなエクステリア、触感のいいインテリア、上質で効率的な2モーターHVシステム。

19位 ホンダ N-WGN

軽自動車とは思えないインテリア質感、サイズこそ狭いが見た目も上質感があり、乗り心地、加速のクオリティもクラス随一。ある意味安い。

20位 ホンダ N-BOX

乗れば日本イチ売れるのも納得の軽スーパーハイトワゴン。便利な電動スライドドア、広すぎる後席とラゲッジ、高いインテリア質感と走り。

文=小沢コージ(モータージャーナリスト)



(ENGINE2021年9・10月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP