2021.09.19

CARS

もしかして次期ケイマン!?  ポルシェが提案する1088psのEVレース・カー【ミュンヘン・モーターショー2021】

ミュンヘン・ショーでポルシェは、カスタマー向け電動レース・カーのコンセプト・モデル、「ミッションR」を発表した。「911カレラ・カップ」のようなワンメイク・レースの未来型をも示唆するクルマだ。

ブガッティ・シロンと同レベルの加速性能

電気モーターは新設計で、フロント435ps、リア653psのモーターを前後に1基ずつ搭載。レース本戦は出力を680psに抑えて使用するが、予選モードでは最高出力の1088psをフル活用させる。予選モードでは0-100km/h加速が2.5秒未満の加速性能と300km/hを超える最高速度を叩き出す。ラップタイムは最新の911GT3カップ・カーに肩を並べるという。

バッテリーも新開発され、サーキット走行での過酷な使用状況でも熱による出力低下を防ぐべく革新的な油冷システムを装備。最大340kWの急速充電に対応し、電力を残量5%から80%まで15分で充電する。





ボディにも持続可能な素材を用いる

脱炭素時代のモータースポーツを提案するミッションRは、電動パワートレイン以外にも持続可能性を重視した要素を備える。ボディを構成する素材に植物の亜麻から取られた天然繊維で補強したFRPを、外装ではフロント・スポイラー、リア・ディフューザー、サイド・スカート、内装ではドア・パネル、シート、リア・バルクヘッドなどに用いている。

サーキット・ユースを想定した機能としては、アクティブ・エアロに組み込まれた空気抵抗を低減するDRSがある。これはフロント両サイドのエア・インテークに3つずつ備わるルーバーと、2セクション式リア・ウイングを状況に応じて低ダウンフォース状態にするものだ。

安全性にも配慮し、モノコックなどには高強度のカーボン複合材を使用。「エクソスケルトン」と銘打った新たなルーフ構造はカーボン素材の露出する強固なフレームが特徴的だ。ボディ・サイズは全長×全幅×全高=4326×1990×1190mmで、ミドシップ・スポーツのようなフォルムを持つスタイリングは、718ケイマンより短い全長ながら極端にワイド&ローなプロポーションとなっている。





リアルとヴァーチャルを融合

インテリアは先進性とレース・カーのスパルタンさが共存。上下を切り落としたようなステアリング・ホイールの中央には各種データが表示され、ステアリング・コラム上のモニターはミラーに代わり両サイドと真後ろの映像を投影する。シート右側にはドライバーの生体認証データなどを呼び出せるタッチ式ディスプレイが備わっている。

コクピット周りには車載カメラを多数設置し、ライブ映像をストリーミングできる。また、モノコックのドライバーズ・モジュールがeスポーツ・シミュレーターとして機能するなど、リアルなレースとヴァ―チャルワールドをリンクさせる現代的な試みも盛り込まれている。

脱炭素への流れを強制される時流にあって、市販車以上に先行き不透明なモータースポーツだが、その両方に根ざしたビジネスを展開するポルシェは状況を打破するソリューションを提供してくれるだろう。そんな期待をこのミッションRは抱かせてくれる。さらにレース・カーに仕立てられているものの、ミッションRが次期ケイマンのリサーチ・モデルの可能性も捨てきれない。





文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED