2021.12.27

WATCHES

隈研吾設計による日本の機械式時計の新たな聖地「グランドセイコースタジオ 雫石」を訪ねる



窓越しに熟練の時計師が取り組むこうした組立・調整する姿を通して、機械式時計が実際にどのように製造されているのかを知ることができる。工程ごとに働きやすいレイアウトを見直し、最新の設備が導入されたクリーンルームだが、そこで生み出される時計は匠の技術が息づいているのだ。

廊下からは進行方向左手に雄大な自然、右手にクリーンルームが広がる。

自然との共生、一体化が感じられるレイアウトだ。

そして五感を満たす楽しみは続く

グランドセイコーのものづくりの真髄を体験した後にも、まだ楽しみは続く。スタジオの2階には雄大な岩手山の姿を満喫できるラウンジがあり、こちらではグランドセイコーの現行モデルのフィッティングを体験できるのだ。ブランドの歴史や時計の仕組みを知り、匠の技術・時計製造を見学した後に完成した時計に触れると、これまでとは違う魅力が見えてくるに違いない。また、ここでしか手に入らないグランドセイコースタジオ 雫石オリジナルモデル(全5モデル)が販売されているのも大きな魅力だ。

岩手山を一望できるラウンジ。自然光のもと、工房で作られた時計を試着できる。また、ここでしか手に入らない限定モデルも見逃せない。

グランドセイコースタジオ 雫石オリジナルモデル。濃いグレーに彩られたダイアルに金色のロゴが映える。

ローターの刻印も雫石だけの限定仕様となっている。

ラウンジには2020年に発表されたコンセプトモデル「T0 コンスタントフォース・トゥールビヨン」も展示されている。セイコーの歴史上で最高レベルの時間精度を実現している。

2021年12月13日からスタジオの一般見学はグランドセイコーのHPから予約・申し込みが可能となった。美しい建築と絶景を愛でながら、世界最高峰の機械式時計に触れる。「グランドセイコースタジオ 雫石」には五感を満たしてくれる楽しみ、喜びが待っている。

グランドセイコースタジオ 雫石 住所:岩手県岩手郡雫石町板橋61-1 盛岡セイコー工業株式会社内 入場料:無料※一部ワークショップは有料予約制。 ※見学・体験は完全予約制。申し込みは以下の予約サイトから https://gs-studio-shizukuishi.resv.jp/

文=前田清輝(ENGINE編集部)

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED

PICK UP