2022.05.15

CARS

外観よりもむしろ中身の進化に驚いた! トヨタの主力ミニバン、ノア/ヴォクシーの新型に試乗

トヨタ・ヴォクシー・ハイブリッドS-Z

全ての画像を見る
日本のファミリー・カーの主軸となったノア/ヴォクシー。奇をてらったかのように押し出しの強いルックスとは裏腹に、改良を積み重ねて得た実直な進化がたくさん詰まっていた。

グレードによるインテリア仕様の違いには注意

予想したほどではなかった。発表以来賛否両論だった新型ノア/ヴォクシーの顔についての印象だ。

リア・ビューはノア/ヴォクシーともに、縦長から横長になったテールライトが目立つ。アルファードを思わせる造形だ。

グリルを全幅いっぱいまで拡大し、中のバーをクロームメッキで加飾したノアのエアロ・モデルは、都市景観の一部を構成することに配慮すれば、ちょっと敬遠したい。しかしそれ以上に強烈かと思われたヴォクシーは、ボディ・カラーがダーク系だったこともあり、ブラックアウトしたグリルの主張はさほどでもなかった。

インテリアはグレードにより印象が異なる。グレーボディで最上級グレードのヴォクシー・ハイブリッドS-Z(374万円)と、ホワイトボディで中間グレードのノアS-G(304万円)では、インパネやドアトリムのソフトパッドの量などに明確な差がある。購入を検討している人は、ぜひ実車を確認したうえで決断を出していただきたい。

インテリアカラーはヴォクシーがブラックのみ。ノアではブラウンやアイボリーも設定される。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP