2022.05.15

CARS

外観よりもむしろ中身の進化に驚いた! トヨタの主力ミニバン、ノア/ヴォクシーの新型に試乗

トヨタ・ヴォクシー・ハイブリッドS-Z

全ての画像を見る


使い勝手については、もはや改良の余地はないのでは? と勝手に思っていたが、新型ではさらなる工夫を盛り込んできた。

あえて電動にしないアイデアが満載

サード・シートの格納は従来どおり、畳んだあと両サイドに跳ね上げる方式だが、従来とは比較にならないほど楽に操作できるし、跳ね上げたシートがリア・クォーター・ウインドウの内側にピタッと収まるところも感心した。

トヨタ・ヴォクシー・ハイブリッドS-Z E-Four

新型はノア/ヴォクシーの開発では初めて、生産を担当するトヨタ車体が企画も担当した。おかげでデザインと設計の意見交換が活発になり、このような仕掛けを導入することが可能になったという。

スライド・ドア開閉に連動して出現するステップは電動ではなく、リンクを活用した機械式。リア・ゲートもモーターを使わず途中で止めることを可能にした。ただ後者は一度止めると、それ以上開くことができないという不満があった。電動開閉式はリア・クォーター・ウインドウ下にスイッチが埋め込んであり扱いやすかった。多少の出費はあってもこちらを選んだほうが満足すると思う。

リア・スライドドアの開口部に現れるステップは、電動ではなく機械式の新開発ステップ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP