2020.03.07

CARS

クルマの歴史を繋ぐ 巡り巡ってやって来たザガート創業家のエリオ・ザガートが所有していたアルファ・ロメオSZ

アルファ・ロメオSZ

全ての画像を見る
旧車を愉しむオーナーを紹介する、雑誌『ENGINE』の人気リポートのアーカイブから、今回はアバルトやランチアなど、多くのイタリア車でヒストリックカー・ラリーを楽しんできたオーナーのイタリア愛溢れるカーライフをお伝えする。

自身初のアルファ・ロメオ


年に一回のペースでコンスタントに開催されているディーノ・オーナーらによる全国ミーティングで知り合った川瀬さんは、複数のスポーツカーをさらりと乗りこなしている。

腕時計やモーターサイクルにも造詣が深く、自宅の近くに設けたガレージには、その道に精通している人が見たら「ムムッ」と思うようなアイテムを飾っており、スポーツカーの一部もそこに保管されている。ガレージの中はさながら秘密基地のような空間となっているのだ。



川瀬さんとはヒストリックカーのイベントで何度かお会いしているが、その度に乗っているクルマが違っていた。あるときは1959年式フィアット・アバルト750レコルト・モンツァ、またあるときは1960年式ランチア・アッピア・ザガートGTEといったように、私が知っているだけでも4台のスポーツカー、しかもすべてイタリア製の有名どころを引っ提げて参加していたのだ。

そんな川瀬さんが最近購入したのがこの1960年式のアルファ・ロメオSZ。何台もイタリア車を乗り継いでいる川瀬さんだが、アルファ・ロメオをガレージに並べるのは今回が初めてだという。

「この前、イベントでお会いしたときはアッピア・ザガートでしたよね。実は、そのアッピア・ザガートとレコルト・モンツァは手放しちゃったんですよ。保管場所はあるし、愛車を頻繁に入れかえるのはイヤなので、本当は残しておきたかったのですが、SZをガレージの中に迎え入れたときのことを考えたらクルマのキャラクターがかぶるな、と思ったのがひとつめの理由」

「さらに、SZを加えると足として使っているクルマを含めると所有車が8台になってしまう。これはさすがに税金やら保険やらの支払いが負担になるので、愛車の数を減らした方がいいのではと思ったのがもうひとつの理由です。というわけで、SZを買うタイミングで泣く泣くランチアとアバルトを手放しちゃいました」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED