2021.11.28

CARS

「現住所はオフロード!」のトヨタ・ランドクルーザーと「まるでスポーツカー!」のメルセデスAMG G63 大人気の2台を国沢光宏が比較試乗!!

フルモデルチェンジをして生まれ変わった日独それぞれの本格オフローダーが大人気! なかでも超絶的な人気を誇るのがトヨタのランドクルーザーとメルセデス・ベンツのGクラス。なぜそこまで大人気なのか? 2台の個性と魅力を自動車ジャーナリストの国沢光宏が乗り比べて探ってみた。

なんとスタート・ボタンは指紋認証付き!

世界規模でSUV人気になっている。今やロールス・ロイスやランボルギーニまでSUVをラインナップしており、販売も好調。そんな中、この手のクルマの「本家」や「元祖」であるトヨタ・ランドクルーザーとメルセデス・ベンツGクラス、いわゆるゲレンデ・ヴァーゲンの人気が激しいことになっている。先日発売された新型のランクル300はあっという間に納期1年以上。正確に言えば、受注台数は年間生産可能台数の4倍以上らしい。Gクラスの納期もグレードによって1年とのこと。両モデル共に販売計画台数を大きく上回っている状況。



クルマの詳細&ウンチクは後回しにして試乗と行きましょう。まず今や「買いたくてもしばらく買えないランクル300」から。専用の足回りや内外装が奢られたGRスポーツである。密閉感の高いドアを開け、明らかに“普通のSUV”より高い位置にあるドライビング・シートにアクセス。指紋認証セキュリティ・システムを組み込んであるスタート・ボタンを押すと、415ps/650Nmを発生する3.5リッターV6ターボ・エンジンが静かに回り出す。Dレンジをセレクトしアクセルを踏むと、ターボ・ラグを少し感じる。



従来型はアイドリングからけっこうなトルクを出す4.6リッターV8。新型に乗って「物足りない」と感じる先代ユーザーも少なくないそうな。ただ新型のパワー感に慣れれば全く問題なし。変速機は10段のトルコンAT、変速ばっかりしているかと思うかもしれない。普通に加速していくと「どこで変速しているのか?」と思うくらい滑らか。絶対的なパワーは十分確保されているため、予想していた以上に元気よく走ってくれる。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP