2022.03.31

CARS

映画『私をスキーに連れてって』を思い出す、新車当時の姿のトヨタ・セリカGT-FOURが懐かしい! 「オリジナルにこだわるのは作り手へのリスペクト」というオーナーの言葉がグッとくる!!

トヨタ・セリカGT-FOURとポルシェ911カレラが並ぶ

全ての画像を見る


しかも矢作さん、クルマの色は白と決めている。家族のミニバンも、少し前まで事務所用のクルマだったトヨタ・プロボックスも、全部白だ。

ノーマル状態で外装色限定という条件付きだから、3台とも一筋縄ではいかなかった。最初に手に入れたロードスターは今のように人気が出る前で、安価ゆえに改造された個体が多かった。セリカもラリーカーのイメージが強く、しかも程度の良さを重視して最終型に絞って探したので、結局東京の羽村市まで見に行くことになった。ロードスターを手放しセリカへの乗り換えも考えたが、矢作さんは増車に踏み切った。

「コレクション癖もあるんです(笑)」

もっとも時間がかかったのは911だ。初期のナローか、ビッグ・バンパーとウイングのないシンプルなテールの組み合わせ以外眼中になかった。スポーツ・シートも必須で、当然色は白。なにせスーパーカー・ブームの頃からだから35年以上憧れたクルマだ。一切妥協しなかった。

「売り物をチェックしはじめてから7、8年。本格的に探し始めてからだと3年かかりました。最初に横浜で見つけた個体はウイング付きで『外すこともできますよ』と言われたんですが、どうしても納得できなくて。そんな時にこのクルマを静岡で見つけて、即決したんです」

長い間探し続け、ようやく手に入れた矢作さんの911は1987年型のカレラ。内外装はオリジナル、外装色は白、サポート性の高いスポーツ・シート付き……という非常に厳しい条件をすべてクリアしていた。前オーナーの付けたフットレストと米国製のACユニットのみ非純正。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP